国際通信社は、経営情報雑誌『Top Forum(トップフォーラム)』『MASTERS(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、WEBデザイン、WEBサービス管理運営などのサービスを提供する出版社です。

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

橋下知事頑張れ

kaoやshinoは入稿作業(いわゆる、締め切り)に大わらわです。

そんな中でブログを書いているyoshimi。それでいいのか、わたし……


さて、賛否両論・支持不支持入り乱れる「橋下府政」ですが、
私たち大阪人としては彼の一挙手一投足が気になります。
私は当初、あんまり支持していなかったものの、
最近はなんだか応援する気になってきましたヾ(´ー` )ノ

だって、橋下さん頑張ってますよ!
歴代の知事が目を向けなかった、というか
見て見ぬふりをしてきた所にあえてメスを入れ、
お役所仕事しかする気のない、給料泥棒の府職員や、
府の甘い経営体質によってたかって甘い蜜を吸い取っていた経済界から
猛烈な批判を浴びながらも財政健全化のためにひとつひとつ見直しをされています。

先日も、赤字三セクの経営陣に対し、「今までどんな気持ちで経営に臨んできたのか。
株主として大いに不満」と辛辣にこきおろしたとか。
そもそも、この三セクの経営陣、沿線私鉄の事業計画を知らないというのですから、
橋下知事の言うことももっともです。
要するに、怠慢経営。こんなふうに、大阪には経営困難に陥った三セクがごろごろあります。

あんなことしているから府の財政が火の車になるんだヽ(`⌒´♯)ノ

yoshimiは橋下知事を応援しています。
もっとどんどんメスを入れて、府の膿を絞り出してください!!

yoshimi


4月25日の追記
昨日、これを書いたばかりですが、橋下さん、
警察官を削減するのはちょっと怖い気がします。
もちろん治安に影響なし、と判断されてのことでしょうが、
よ~く考えて下さい!

[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-24 18:27

ただいま必死に入稿中。

明日は、2008年6月号の入稿ですっ。

お客様との原稿のやりとりも終え、
校正を重ねに重ね、
明日一日かけて、もう一度、完成原稿をチェックし、
印刷所に。

あれは、大丈夫だったかな、
何か誤りを見逃していないかな、
と、毎月のことながら、直前まで自信は持てません。
(それくらい臆病な方が、いいかもしれませんが)

あと少し。
気を抜かずに、やり遂げますぞ。

今月も、経営者のいろんな「想い」に触れることができました。
今日・明日と、企画部の面々は全国の経営者の方々のもとへ
取材に飛び回ります。
どんな対談を持ち帰ってくれるのか、楽しみですね。


kao
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-23 19:48

「きっと良い記念になるね」──

「国際ジャーナル2008年6月号」にご登場くださった方のお話です。

いくつかの飲食店やホテルで経験を積まれ、ご自身の店を先頃、オープンされました。
オープンを決意したのには、一つの大きな理由が。
ガンに冒されて闘病生活を送るお父様に、
自身の店を見せてあげたい──そんな思いで決意されたオープンだったのです。
念願叶ってのオープンに、お父様はとても喜ばれたそう。

小誌・記者が取材に伺ったのが、3月15日。
お父様はご容態が悪く、残された時間が少ないことを
みなさんご存知だったそう。
病床のお父様を囲み、「雑誌はきっと良い記念になるね」と
完成をとても楽しみにしてくださっていたとのことです。

ところが、原稿のやりとり中に届いた、訃報。

「きっと良い記念になるねと話していたんですよ」というお言葉に、
「何とか間に合わせることができていれば」という気持ちで
胸がいっぱいになったのは言うまでもありません。

「国際ジャーナル」は、ご登場くださるお客様に、
営業ツールとして、そして記念誌として活用していただく雑誌です。
子どもが大きくなった時に、経営者として奮起していた父親の姿を知ってほしい、
頑張ってくれているスタッフやその家族に喜んでもらえるように、
そんな「記念に」と取材にご協力くださる方が多いんです。

その声に応えたいという思いを一層強くしたのでした。


kao
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-21 12:24

コイバナ。

話せば長くなりますが。

仕事に追われ、何年も恋を休んでいるyoshimiですが、
今日、劇的な出会いが!!!!!

じつは前から、朝の通勤電車でときどきカオを合わせる、
ちょっといいかんじの人がいたんです。

バンドでもしているのか、あるいは音大の人か、
一度、電車の中で譜面を見ている姿をモクゲキしたことがあります。
(じっと、その人の行動を観察しているわけではありません。。。)

でも、決して派手ではなく、
容姿も並で、ファッションも至ってふつー(失礼!)。
でも、素朴な感じがなんだか素敵だなー、と思っていたのでありました。

とはいえ、これまでは特に「うへへへ」的ストーカーライクな妄想を抱いていたわけでも、
恋するオトメでドキドキソワソワになっていたわけでもありません。
混雑した車内で立ち位置がたまたま近くになると、
「お、らっきー!」と思うくらいで(*・・*)

それが!

今朝!!

偶然にもその人と話す機会があったんです!!!



今日は雨がざーざー降っていたこともあり、
私の乗ってた電車は10分程度遅れていました。
だから、車内はいつもに増してぎゅうぎゅうのぱんぱん状態。

で、ある駅についた途端、さらに人がどどどっと乗ってきて、
もみくちゃにされた挙げ句、気がつくと、あれ? 手に持っていたはずの本がない。

「あら? あらら?」

と周りを見回していると、

バサリ。

1メートル先の床に私の本が落ちました。
どうやら、主人の手を離れ、人波に押し流されていったようです。

拾おうとしたのですが、しゃがむどころか動くこともできない。

床は傘からしたたり落ちる雨やら靴底の泥やらでぐちゃぐちゃ。
図書館で借りていた本なので、
「あちゃー、汚れたらどうしようかな~」と
こまっておりました。

(はい、そろそろ展開が見えてきましたね~)

そうです、その本の真上に立っていたのがあの人。

本には気付いたようですが、彼もまた身動きができず、
ただ、拾うこともできないまでも、踏まないように気をつけてくださっているようです。

そうこうしているうちに、電車が次の駅に停車し、どっと人が降りました。
でも、ぼやぼやしているとすぐにおおぜいの人が乗ってきますから、
一瞬のスキを狙って私は本を拾おうとしたのです。

そのときはまさか、その人に拾ってもらおうなどと考えていませんでしたので、
「すいませ-ん! ちょ、ちょっと床の本を拾わせてくださ…」
と声をかけました。
すると彼はすっと本を拾い、
「あ、ごめんなさい。どうぞ」と手渡してくれました。

ところで、私が今日持ってた本って
貴志 祐介の「黒い家」

表紙がおどろおどろしく、うら若きオトメが読むような本ではありません。
これが、昨日の朝だったら、
「Happy Birthday
って、かわいい表紙の本を持っていたのですが、帰りの電車で読了。
今朝から本を替えたのでした。

こんなダークな、暗黒な、どす黒い、ブラックな表紙の本を読んでいることが知られて、
カオから火が出るほど恥ずかしくなった私は、思わず

「あの、sっpspmpその。、うとうとしててら、本だけそっちdに言って茶って、
おかしいなっておもtyてたあら、spっtpそっちに本があってm、その、ありがとう」


って何を言ってるんだかヾ(;´▽`A``

そんな私を見て彼はにっこり。

「はい。いいんですよ」

い・い・ん・で・す・よ

い( ̄◇ ̄)い( ̄◇ ̄)ん( ̄ー ̄)で( ̄▽ ̄)す( ̄。 ̄) よ( ̄▽ ̄)



キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!




これは。

もしかして。

つまり。

だから。

やっぱり。


とどのつまり、私は恋に落ちたのですた。


ああ。

神様。

明日、カワイイ表紙の本を持って、
彼に話しかけたら煙たがられるでしょうか。

「誰?」

とか言われないでしょうか。
そんなこと言われたら私、もう立ち直れない。


いや、それ以前に、もうひとつ問題が(´Д`)

このオカタと一緒になる電車というのは、
私がいつも乗っている電車よりだいぶ遅く、
これで通うと、会社に着くのが始業時間ぎりぎりになってしまうのです。

たまにだから上司も何も言いませんが、
毎日この状態が続けばさすがに……。

あ、いいこと考えた!

編集長、始業時間を
30分遅くしてもらえませんでしょうか バキッ (>< ;)☆◯=(▼▼ )o アホダロオマエ


恋は多難のようです。


yoshimi
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-17 18:06

どげんかせんといかん。

小誌・記者が宮崎県に取材へ行った際の、手土産。

「そのまんまチョコ」。

d0105578_12421886.jpg












どげんかして、いただこうと思うのですが、
どのようにして!?



kao
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-16 12:43

伊賀に行ってきました

新企画の撮影取材で忍者の里、伊賀に行ってきました。

今、伊賀では忍者フェスタというものを開催しているらしく、
街中の洋服屋さんや土産物屋さんなんかで、
忍者の衣裳を一日貸してくれます。

だから、街には忍者がいっぱい。
大人も子どもも、男も女も、ガイジンさんもみんな忍者(o^^;o)

藤堂高虎の城として著名な伊賀上野城にも行ってきました。
圧巻は「忍び井戸」。
何でも、籠城戦に備えて、天守閣でも水を調達できるように
50間(約91メートル)も掘り下げて井戸を作ったのだとか。
しかもこの井戸は忍びの抜け道としても利用できるらしく、
敵に城を囲まれる事態が起こっても、
忍者は里と城を行き来できるようになっていたのだとか。

うーん、すごい。というか、
そんな壮大なスケールの井戸を掘ったにもかかわらず、
嵐のせいで築城が頓挫してしまい、
結局幕末まで用をなさなかったというのがすごいです。

でも、伊賀の方々はとても気さくで、
とてもスパイの末裔とは思えない、いい方ばかりでした


yoshimi
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-14 17:39

歩く。

国際ジャーナル編集部は、大阪市の立売堀にあります。
私は、JR大阪駅から地下鉄・四つ橋線を利用して通勤しているのですが、
地下鉄の駅から当社までは、歩いてわずか1〜2分の距離。

先日、仕事を終えた帰り、
なんとなく外を歩いて帰りたくなり、
地下鉄に乗らずに、大阪駅まで歩いたのでした。

これがとっても気持ちよく、
以来、私は時々、地下鉄2駅分を歩いています。
私の足で30分。
途中、素敵なばら園で知られる靫公園があり、川があり、カフェがあり、
いろんな会社があり…そして結構みんな梅田に向かって歩いているんです。

「梅田まで歩いたことある? 気持ちいいし、今度一緒に歩こうよっ。
いつもと違う景色が見られるから」と、得意気に後輩のA那ちゃんを誘うも、
「そんな体力ないですよ(笑)。休みの前日で、夜6〜7時くらいなら……」
とごにょごにょ言いながら乗ってこず。

ひとりで歩いています。

9時を過ぎて退社した日にも歩くことがありますが、
大阪駅に着く頃には、疲れているどころか元気になっているのが不思議。

これからは日が長くなりますから
少し早く会社を出て、
明るい空の下、靱公園に寄り道などしてみたいです。

kao
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-11 09:54

色イロ事情がありまして……

春です\( ^o^ )/

大阪では桜の見頃は過ぎましたが、
今はいわゆる「桜吹雪」がひらひら舞い、散った花びらは薄いピンクの絨毯のようで
とてもウツクシイです。
花が散りゆくと共にその存在感を主張し始めた新緑の緑もまた美し。

さて、出版や印刷の世界では、ほとんどの色をCMYKの4色のかけあわせで作ります。

Cはシアンという色で、澄んだ青色。Mはマゼンダで紅色。Yはイエローの黄色、Kはブラックです(頭文字のBを取ると、ブルーと混同されるので、通常はKもしくはBkと表現されます)

これでフルカラーを表現するのだからスゴイ。

例えば、桜の花びらはM10%+Y5%くらい。
桜の若葉はC40%+M10%+Y90%というふうに表し、
これを絵の具のように混ぜ合わせると(印刷では点を混在させるだけ)、その色になります。

慣れるとこの色とあの色を何%ずつ掛け合わせるとこんな色が生まれる、と
だいたい予想できるようになるのですが、
新人のAちゃん辺りだと、頭でイメージする色に近づけるのに、カラーチャート(色見本帳)を引っ張り出してこなければなりません。
それでも上手いこといかず、色校正でとんでもない色があがってきます【・・;】 ←いつもA女はこんな顔して色校正を見ています。

先日、国際ジャーナルに登場のお客様で、
イメージカラーは「フェラーリレッド」だとおっしゃる方がいました。
フェラーリレッドの厳密なインク配合率は分からないんですが、
おそらく、M95%+Y100%くらいかと。
いわゆる金赤、真っ赤っかです。

ちなみに、先に登場のA女が仕事でミスった時の顔色は……
言葉通りに行くと真っ青=C100%+M30%
但し、実際は顔面蒼白といったほうが正しいので、
C-0%+M-0%+Y-0%+K-0%、つまり真っ白です。( ̄_ ̄|||)←コンナカオ

ネタにしちゃってごめんね、Aちゃん。

yoshimi
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-09 15:59

春眠(中華料理屋じゃありません)

yoshimiです。

最近、とにかく眠いです Zzz ( ̄~ ̄)

春眠暁を覚えず、とはよく言ったものですが、

とにかく眠い!

原因は、夜更かししているからでも、仕事にやる気がないからでもありません。

花粉症で鼻が詰まって熟睡できてないのだと思います。

薬を飲んで寝るのですが、就寝時は鼻が通っていても、

夜中に息苦しくて目が覚めるのです!


・・・。

だから、たいてい午後2時頃は、

( _ _ ).。oOグゥー・・・( ~o~)ハッ・・・

( _ _ ).。oOグゥー・・・( ~o~)ハッ・・・

こんな状態が続いています。

編集長! 私が悪いわけではないのです。

全ては花粉が悪いのです。

杉の木を植えすぎた人類が悪いのです。

だから、ちょっと居眠りしても見逃して下さい バキッ (>< ;)☆◯=(▼▼ )o フザケンナ
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-04 19:56

世界で最もよく働く国は・・・

「KAROSHI(過労死)」という言葉が国境を超えたことからもわかるように、
外国人から見た日本人の「仕事ぶり」は、
「勤勉」「真面目」「働き過ぎ」といったイメージで捉えられることが多いようです。

ところが、国際労働機関が2007年に行った調査によれば、
世界で最もよく働く国は日本ではないのだとか。

よく働く国の上位を挙げてみると次のような結果となっています。

韓国 2,305時間
中国 2,200時間
バングラデシュ 2,200時間
日本 1,850時間
アメリカ 1,804時間
フランス 1,564時間
ノルウェー 1,407時間


実はお隣の国、韓国の人々のほうがよく働くんですねー。
しかも500時間以上も (・◇・ )

ところで、日本の1,850時間労働って本当?

年間100日の休日があるとして、
残り250日で1,850時間を割ると

1,850÷250=7.4

日本人は1日わずか7.4時間しか働いていない?
9時から働き始めて、休憩時間を含めると5時半退社。

・・・。

ありえん。(`_´)

国際労働機関はどのような方法で調査を行ったのか分かりませんが、明らかに労働の実態が見えていないような……。

そういえば、大阪府庁の朝礼で

「どれだけサービス残業してると思ってるんですか!」

と橋下知事に噛みついた女性職員がいたそうですが、
ああいうことを平気で言える人たちは一度、研修として
民間企業で働いてもらったほうがよさそうですねo(゜^ ゜)○

yoshimi
[PR]
by hanako_kokusai | 2008-04-02 09:49


国際通信社は、月刊経営情報雑誌MASTERS(マスターズ)・Top Forum(トップフォーラム)・コマンドマガジンなどの各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、WEBデザイン、WEBサービス管理運営などのサービスを提供しています。


by hanako_kokusai

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
月刊MASTERS(マスターズ)
月刊誌トップフォーラム
電子書籍
対談ゲスト情報
異業種ネット
コマンドマガジン(ゲーム)
JWC
レキシモンゲームズ
ウォーゲーム日本史
戦車道ボードゲーム(ガルパン)
きりしまフォーラム
大阪日本語学校 J国際学院

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

◆国際通信社について◆

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス

画像一覧